第62回ちばてつや賞-ヤング部門-発表|講談社コミックプラス
 
     
  今回はいろいろなジャンルの作品に出会えて楽しかったです。まるで青春を謳歌するような生命力に満ちた作品が多く、読んでいて元気が湧いてきました。少し元気が足りない漫画も散見される昨今ですが、良い作品が出てくると「まだまだだ!」と前向きな気持ちになります。頑張って欲しいですね。  
大賞  準大賞 優秀新人賞 準優秀新人賞 佳作 期待賞  募集要項 その他の受賞作品

大賞

『上を向いて走ろう』
大賞

ストーリー

画家を目指して居酒屋でバイトする美大生・山田。そこで出会った小林は、38歳にしてオリンピックを目指す陸上選手だった。そんな夢をあきらめない姿に憧れる山田だが、小林の口からは意外な忠告が‥‥。彼はなぜ走るのか? それを知るため、山田は小林の練習に押しかけ参加する!
 

選評

限界まで走った時に「少しだけ世界が変わって見える」「その先に何が見えるか」という小林の言葉には、山田の人生がこれから大きく変わりそうな予感が見える。小林と山田、ふたりの生活ぶり、仕事ぶりがしっかりと伝わってくる画力・構成力・迫力は充分。人間とは、人生とは、といった大きなテーマを描ける作家に育ってほしい。
作品を読む!
 

準大賞

『CATCH-22』
準大賞

ストーリー

主人公・光沢竜二は父親からの暴力に怯えながら育った過去を持ち、親の借金を肩代わりするため、アルバイトをしながらの高校生活を送っていた。学校では喧嘩に明け暮れ、無敗を誇る竜二であったが、自分が父親に似てきているのではないかと不安を募らせていくのだった‥‥。
 

選評

家庭内暴力を受けて育った主人公の悲惨な日常を、ドキュメンタリータッチでリアルに描いた力作。初めからラストまで、まるで救いのない話だが、こういう幼児期を体験すると、光沢のようになってしまうのかもしれない。死ぬことが唯一、幸せになれるかもしれないと思う主人公の短い生涯は、読み終えた後も考えさせられる。
作品を読む!
 

優秀新人賞

『色彩の園』
優秀新人賞

ストーリー

イギリス人の祖母を持つ伊月は、毎年冬に日本の片田舎に住む祖母の家を訪れていた。しかし、ある年そこは外国人留学生の集まる寮になっていた! 様々な国籍を持つ留学生たちとの交流を通じ、伊月は大切なことに気づいていく。
 

選評

植物や自然などがしっかりと描けており、日本の田舎の雰囲気が伝わってくる。文化の違いによる戸惑い、差別やいじめの問題提起など、難しいテーマを植物の色彩になぞらえて、深みのあるいいストーリーにまとめ上げている。

作品を読む!
 

優秀新人賞

『SUPER NOVA』
準優秀新人賞

ストーリー

嫌々ながら就職した浅野は、職場で出会った坂戸恵に恋をする。誤解を招かないようにと、仲の良い同僚の神谷サキとも距離を置くが、坂戸には告白もできないまま半年が過ぎた。そんなある日、坂戸は結婚して、職場を去ってしまう。
 

選評

若い時代は異性に臆病なこともあって相手の心が読めず、せっかくの出会いを逃したりすれ違ってしまうもの。そんな若者の悩みと苦しみを、もどかしくじれったく描いている。最後は身近に居たよき理解者と結ばれホッとした。
作品を読む!
 

準優秀新人賞

『GIRL AND KILLER─オンナと殺し屋』巴 亮介 25歳 神奈川県
準優秀新人賞

ストーリー

自分の家でオナニーができないという性癖に悩む裕也は、ある日公園で謎の年上女性・ユキと出会う。彼女はその性癖を治す手伝をする代わりに、裕也の部屋に住むと言い出すのだった!
 

選評

作者のエンターテイメント性や、何とか面白いものを描きたいという姿勢が素晴らしい。内容はストレートな下ネタ話のはずなのに、テンポのいい展開で清々しい気分で読むことができた。
作品を読む!
 

準優秀新人賞

『スペルマスター』
準優秀新人賞

ストーリー

隕石が地球に激突するまで残り38時間。人類最後の希望は、なんと精子をエネルギーに換える装置だった! 100発分の精子を集めるため、世界中から主人公を含む5人の精鋭が集う!!
 

選評

奇想天外な発想でリアル感はないが、キャラが明るく一生懸命なので好感が持てる。集められた5人が個性的ですごくいい。この雰囲気でいろいろなジャンルに挑戦してほしい。
作品を読む!
 

準優秀新人賞

『そぞろ虫の夏』
準優秀新人賞

ストーリー

平凡な男子高校生・宮城は、学校のマドンナ・美保ティを遠巻きに見ては悶々とする日々を過ごしていた。しかしある日、彼女をお祭りに誘うことに成功! 果たして宮城の恋は成就するのか!?
 

選評

思春期の男の子と女の子の春の目覚めや、微妙な心のすれ違いのテーマが面白い。主人公も表情豊かで楽しく、高校生のピュアでほろ苦い青春が描けていて話に入り込みやすい。
作品を読む!
 

佳作
『プリーズ レイク びわ』
佳作

ストーリー

中川秀一が再会した中学時代の後輩・森野さゆりは、東京で人気歌手となっていた。彼女がお忍びで目指す、思い出の場所とは!?

選評

キャラクターが良く、背景の描き方や季節感の表現もプロ以上の力量がある。琵琶湖のある田舎の雰囲気がよく伝わってきた。
 
佳作
『探偵だけど文句ある?』
佳作

ストーリー

私立探偵・吉良兆治のもとに、失踪した兄を探して欲しいという女性が現れる。無事に解決かと思われたその時、意外な結末が!

選評

「男はチンコ勃つとそーゆーこと言うんだよ」というセリフが印象的。軽口ばかり叩いている主人公のキャラが親しみやすかった。
 

期待賞
『おねいさんであそぼっ!』
期待賞

選評

物語の隅々に感じられるぬくもりがいい。何気ないセリフやキャラクターの仕草にほっこりする。
 
 
期待賞
『グリチョレ!』
期待賞

選評

主人公のキャラがいい。先輩が教えてくれた言葉を信念に持ち、実践する真っ直ぐさが清々しい。
 
   
期待賞
『性春カリカチュア』
期待賞

選評

人物の感情を上手く切り取ったようないい表情が描けていて、読んでいて絵に引き込まれる。
 
 
期待賞
『トライアド』
期待賞

選評

女子高生3人のキャラ立ちがしっかりしており、読みやすかった。表情も豊かで見ていて飽きない。
 
     
期待賞
『HURRY MAN』
期待賞

選評

ネームが上手い。疾走感に満ちた怒涛のごとき話のテンポに、若々しさを感じずにはいられない。
 
 
期待賞
『ムケメン』
期待賞

選評

背景やキャラクターの描き方が独特で個性を感じる。見せ場のシーンも面白く、惹きつけられた。