第63回ちばてつや賞-ヤング部門-発表|講談社コミックプラス
 
     
   昨今、激戦が続いているちばてつや賞。今回も例に漏れずハイレベルな戦いとなった!
そんな中で見事大賞の栄冠を勝ち取ったのは、24歳という若き感性で、熱い友情を真正面から描いた谷津実選手の『夢の続き』だ!
 

 
ちばてつや先生
 

ちばてつや先生総評

今回の最終選考に残った8本は、全部がとても良い作品でした。特に上位の作品に関しては甲乙付けがたく、どれが大賞に選ばれてもいいほど。とにかくレベルが高かったです。読んでいて楽しかったけど、選ぶのは苦しかっですね。 大賞に選ばれた谷津選手は、この受賞を発奮材料にして頑張ってもらいたいと思います。


大賞

『夢のつづき』谷津実 (24歳・東京都)
大賞
2012年5月28日(月)発売ヤングマガジン26号掲載!

ストーリー

長年の夢を叶え、晴れて新米教師となった沙知子。登校初日、教室に入って緊張している沙知子の前に突然現れたのは、中学時代の同級生である歩だった。その後、生徒たちと上手くいかずに落ち込んでいた沙知子は、破天荒で自由な歩に苛立ちを覚え、強く当たってしまう。
 

ちば先生の選評

新米先生の緊張感と迷い、悩みなどがひしひしと伝わってくる。対照的な親友・歩の存在もイキイキしているね。とても良くキャラが描けていたよ。欲を言えば、気が弱く臆病だったサチコ先生が、日に日に頼もしく、魅力のある先生に成長するエピソードが、もう少し丁寧に描いてあればもっと深みのある作品になったぞ。
受賞作品を読む!
 

優秀新人賞

『うさぎ追いし』岩城宏士(40歳・福島県)
優秀新人賞

ストーリー

とある理由で東京へと移住し、マンションにたった1人で住む辰三。1カ月が経った頃、同じマンションに住むフミちゃんという小さな女の子が、とても大きな支えになっていた。だが、ある日フミちゃんの様子に異変が‥。
 

ちば先生の選評

「東日本大震災」に落ち込む人の気持ちをうまく織り込み、家庭内暴力・幼児虐待等の問題も提起した力作。ほのぼのした人物が、いざ怒った時に形相が変わって‥などの演出を覚えると、さらに持ち味が活きると思うよ。

受賞作品を読む!
 

優秀新人賞

『さくらのうた』二戸花(23歳・神奈川県)
優秀新人賞

ストーリー

中学3年生のさくらは、母親に言われるがままに光学舎という塾に入ることに。そこは、温かい先生と元気な子供たちがいるとても素敵な場所だった。しかし、塾が大好きになったさくらに、突然母親は塾を辞めさせてしまう。
 

ちば先生の選評

主人公のさくらも塾長も洋平先生も子供3人組みも、みんな明るくて優しくて元気な人物ばかりでとても気持ちが良かった。ストーリーもさわやかだし、ラストもほのぼのとして、読んだ後、とても癒される作品だね。
受賞作品を読む!
 

優秀新人賞

『シャカの種』山下竜一(24歳・東京都)
優秀新人賞

ストーリー

優しい彼女と友人に囲まれ、穏やかな生活を送っていたモトオ。だが突然、病院で若年性アルツハイマーを宣告されてしまう。悩んだ末、身の回りの関係をすべて整理し、ひとりっきりになって死を迎える決意をするのだが‥。
 

ちば先生の選評

若年性アルツハイマー症のモトオが身辺整理をして、たったひとりで苦しみ旅立って行く姿が寂しくもりりしい。最後のシーンで、恋人ヒミコに見守られながら「オシャカレンゲ」の花園に座る場面はほっとさせてくれる。
受賞作品を読む!
 

準優秀新人賞

『トレジャー ~平社員・鈴木のとある一日~』金井大起(27歳・千葉県)
準優秀新人賞

ストーリー

平凡な会社員の鈴木昌一は、家庭内では妻の奴隷状態。ある日の朝、妻から炊飯器を捨てていけと命令されるが、問題続出で捨てることが出来ず、会社へそのまま持っていくハメに!
 

ちば先生の選評

会社では部長や仲間からバカにされ、家庭では嫁から奴隷扱いの平凡なサラリーマンの日常がとても微笑ましい。ストレスをためすぎた主人公がどう変わるのかが見たかったね。
受賞作品を読む!

準優秀新人賞

『ダイオウの海』米山M(24歳・神奈川県)
準優秀新人賞

ストーリー

女子高生彩乃の住む港街では、海に棲む巨大生物・ダイオウが問題となっていた。彩乃は、問題解決に協力したいと思い始めるが、そんなある日、ダイオウが街に上陸したとの知らせが!
 

ちば先生の選評

巨大な生物、ダイオウに挑む少女は健気だし迫力もある。そしてダイオウはなぜ漁村を襲うのか?その行動に意味づけがあったら、さらに読者の胸に残る作品になったと思うよ。
受賞作品を読む!
 

準優秀新人賞

『Act a fool』中根大貴(23歳・神奈川県)
準優秀新人賞

ストーリー

スポーツ記者である設楽はラクに生きることがモットー。ある日、とある高校の取材中に代打専門の熱血バッター・金程に出会い興味を持ち始めていくが、金程にはある秘密が。
 

ちば先生の選評

作者の、エンターテイメントを面白く描こうとする姿勢が見られる。記者の素人なりのアドバイスに応えようとする主人公・金程のキャラが健気で、思わず応援したくなるね。
受賞作品を読む!
 

佳作
『韻モラル』ササタニサトシ(30歳・東京都)
佳作

ストーリー

ボロアパートに住む学は、欲求不満の大学生。最近の悩みは隣人の音楽の音漏れ。ある日、その隣人にばったり出会ってしまい‥?

選評

キャラクターも背景も、魅力はあるのだが、登場人物が皆、それぞれ切羽詰まった表情ばかりで画一的に見えてしまうのは惜しいね。
   

期待賞
『遥々歩く』青葉舎(27歳・東京都)
期待賞

選評

物語の構成力、キャラ設定、伏線の張り方、絵、細かい演出などが高いレベルで融合した作品。とても完成度が高いと感じた。
 
 
期待賞
『キユリ』咲良宗一郎(27歳・神奈川県)
期待賞

選評

キャラの造形、言葉遣いが今の若い読者に響くセンスで作られているのが素晴らしい。主人公の健気さもかわいく感じられた。
 
     
期待賞
『揺れる花の気持ち』田ノ岡高志(26歳・愛知県)
期待賞

選評

ユキちゃんの心情が丁寧に描かれているのでとても好感が持てる。間の取り方も上手で、引っかかることなく最後まで読めた。
 
 
期待賞
『if~イフ~』野澤健太(30歳・東京都)
期待賞

選評

ダークな雰囲気がじわじわと伝わってくる描写にゾクッとさせられ、結末が気になってぐいぐいと物語に引き込まれてしまう。