ヤングマガジン公式サイト

eヤンマガにて連載中!

火葬場のない町に鐘が鳴る時/和夏弘雨/碧海 景 火葬場のない町に鐘が鳴る時/和夏弘雨/碧海 景

呪われた町、みとず! その町では夕方6時に化け物が蠢き出す。

 無料で試し読み

最新単行本

ネット書店で探す

電子書籍を探す

 電子書店一覧

作品紹介

火葬場のない町に鐘が鳴る時

人口6000人、山あいの小さな町・みとず町。その田舎町では夕方6時になるとある不思議なチャイムが鳴り響く。その音が聞こえたら、夜明けまで外に出てはならない。だが、10年ぶりに東京からこの町に戻ってきた勇人は、この掟を破ってしまう。 そこに現れたのは、冥奴様と呼ばれる異形の化け物だった。

著者紹介

和夏弘雨(わなつこう)

1月5日生まれ。神戸市出身。
横田卓馬先生、田畠裕基先生のもとでアシスタントをし、『火葬場のない町で鐘が鳴る時』でデビュー。

 この著者の作品をさがす  公式Twitter

碧海 景(あおみけい)

 この著者の作品をさがす

登場人物

  • 卯月勇人

    卯月勇人

    うづきゆうと

    父親の転勤にともない10年ぶりに生まれ故郷・みとず町に帰って来た高校生。

  • 豊橋 咲

    豊橋 咲

    とよはしさき

    勇人の幼なじみ。半年前に父親を事故で亡くすが、その死に不信を持っている。

  • 山神龍児

    山神龍児

    やまがみりゅうじ

    勇人の幼なじみ。あだ名は「ドラゴン」。みとず町のことに詳しい。

Twitter


NEWS