日本で最も歴史と実績のある青年漫画の登竜門!「ちばてつや賞 ヤング部門」へのご応募をお待ちしています!!

【募集期間】
2022年3月1日 ~ 2022年8月31日

【締め切り】
2022年8月31日〈当日消印有効〉

【審査員】
ちばてつや先生

【発 表】
2022年11月 ヤングマガジン本誌およびヤンマガWebにて発表予定

【授賞式】
授賞式は11月下旬予定

【賞金】
■大賞100万円+受賞作掲載(本誌または増刊)
■準大賞70万円(非常設)
■優秀新人賞50万円
■準優秀新人賞30万円
■佳作20万円
■期待賞10万円

【副賞】
受賞者全員にちば先生をモデルにしたトロフィーが贈られます。

【応募資格】
制限は一切ありません。プロ・アマ問わず、デビュー歴があっても大丈夫です。

【作品内容】
未発表のオリジナル作品に限ります。
ジャンルは一切問いませんが、15〜25歳くらいの男性読者を想定した、パワーあふれるフレッシュな作品を期待します。

【ページ数】
原則として、ページ数は10ページ以上、50ページ以内。
4コマ漫画は5ページ以上、20ページ以内(10本以上)。

【寸法】
タテ270ミリ、ヨコ180ミリ、原則として周囲に20ミリの余白をとること(上図参照)。

【描き方】
B4サイズの漫画原稿用紙かケント紙に、黒インクで描くこと。
またネーム(セリフ)は、ふき出しの中に必ず濃いめの鉛筆で書くこと。
モノローグなど、ふき出しの中に入らないネームは、原稿用紙の上にトレーシングペーパーを貼り、その上に鉛筆で書くこと。

【応募上の注意】
1)原稿には必ずページ番号を記入し、最終ページの裏面に、
作品のタイトル・住所・氏名(あればペンネームも)・年齢・職業・電話番号・略歴(あれば受賞歴)・アシスタント希望の有無・ちばてつや賞に応募した理由 を記入してください。
なお、住所、氏名はフリガナをふること。
2)応募は原則として郵送ですが、直接編集部に持ち込んでいただいても結構です。

【郵送先】
〒112-8001 東京都文京区音羽2-12-21
講談社ヤングマガジン編集部「ちばてつや賞」係

【持ち込み】
必ず電話でご予約いただき、平日の午後にご来社ください。
講談社 ヤングマガジン編集部 TEL 03(5395)3461
地下鉄有楽町線護国寺駅6番出口徒歩1分

【その他】
応募いただいた原稿はすべて返却します(切手や封筒の同封は不要です)。ただし、海外への発送返却はいたしませんのでご了承ください。
全受賞作品は「コミックDAYS」に掲載されます。
なお、入賞作の版権は講談社に帰属いたします。
賞金は発表後、1ヵ月以内にご指定の銀行口座に振り込みます。


Webから応募する

Web受付の注意事項
* 必ず募集の詳細をご確認の上、応募規定に沿った投稿をお願いいたします(各新人賞によって規定の詳細が異なります)。
* 規定に沿わない作品が投稿された場合、選考できない場合がございます。あらかじめご了承ください。
* 同作品の複数誌への重複応募はご遠慮ください。選考上のトラブルを避けるため、ご協力をお願いいたします。

原稿サイズ・ファイル形式について
* 漫画原稿データは原則、以下の設定にてアップロードをお願いいたします。
・B4サイズにプリントアウトされる設定にしてください。
・B4プリントアウト時に「上下左右20mm以上の余白」ができるように設定し、「縦270mm×横180mm」の枠内に収まるように原稿を作成してください。
・各ページに必ずページ番号を記載してください。
・ページ数は、各賞の規定をご確認ください。
・ファイルサイズの上限は200MBです。
・アップロードするファイル名は「(作品名の半角英数小文字).zip」でお願いします。例)sinjinsho.zip

* タテ読み漫画原稿データは以下の設定にてアップロードをお願いいたします。
・推奨サイズ:1枚につき横690px×縦20000px以内(100枚まで)
・保存形式:JPEGまたはPNG
・ファイルサイズの上限は計20MBです。

投稿作品および個人情報の取扱いについて
* 受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権等諸権利は当社(講談社)に帰属するものとします。
* 作品の選考結果発表/講評については、各編集部のスケジュールと方針で運営されます。
* 応募された方の個人情報は厳重に管理し、本企画遂行および許可を得た使用目的以外に利用することはありません。
参照:講談社のプライバシー・ポリシー
* 本企画遂行のため、投稿された方のコミックプラス会員の登録情報をもとに、各編集部から直接メール・電話・郵便等の方法によって連絡をとらせていただく場合がございます。
* 講談社から提供される「画像データ」「音声ファイル」等がある場合、その素材を許可された目的以外に使用することは著作権法により禁じられています。著作権侵害行為と認められる場合は法的手段を講じることもありますのでご注意ください。
参照:著作権・画像使用等について