首を斬らねば分かるまい

首を斬らねば分かるまい

首を斬らねば分かるまいのあらすじ

明治4年。特権階級「華族」の御曹司・幸乃助は、「一度も勃ったことがない」という悩みをひた隠して生きていた。そんな中、幸乃助は江戸時代から続く首斬り家の当主・沙夜と出会う。彼女の首斬りを目撃した時、幸乃助の中で、どす黒い何かがうめき出す!! 情欲から始まる、血と性のノーブル・ロマン!!

1
お気に入りに登録

首を斬らねば分かるまいのあらすじ

明治4年。特権階級「華族」の御曹司・幸乃助は、「一度も勃ったことがない」という悩みをひた隠して生きていた。そんな中、幸乃助は江戸時代から続く首斬り家の当主・沙夜と出会う。彼女の首斬りを目撃した時、幸乃助の中で、どす黒い何かがうめき出す!! 情欲から始まる、血と性のノーブル・ロマン!!

ログインが必要です

loading

通信エラー

通信環境をお確かめの上ページを更新していただくか、時間をおいてアクセスしてください。

戻る