TOP

TOP





単行本

最新刊

ホクサイと飯さえあれば(3)

鈴木小波



作品紹介

ホクサイと飯さえあれば 伝説のインドアご馳走マンガ、復活移籍新連載!!
かつて掲載誌の休刊に伴い惜しまれつつ終了した『ホクサイと飯』。
本作『ホクサイと飯さえあれば』は、その8年前のお話。
大学進学のため上京した山田ブンが、愛するぬいぐるみ(?)ホクサイと共に、
東京・北千住の町でアイディア満載のビンボーレシピで美味しいご馳走作ります!
トラブルがあっても、ホクサイがいて、美味しい飯さえあれば、毎日ハッピー!!

著者紹介


記事はありません。


記事はありません。


記事はありません。


公式Twitter

キャラクター紹介

  • 山田文子

    やまだあやこ

    通称「ブン」。
    大学進学のため、東京・北千住で一人暮らしを始めた。
    三度の飯よりも飯が好きっていうくらい、ご飯にかける情熱は並ではない。

  • ホクサイ

    ブンの偏愛するぬいぐるみ(たぶん)。
    「ござる」口調で、時に的確に鋭くツッコみ、 時に優しく温かくブンを励ます相棒。