新宿スワン |
新宿スワン
映画『新宿スワン』作品概要

ヤングマガジン(講談社)で連載直後から熱狂的な人気を誇るモンスターコミックを、『クローズ』シリーズ、『ルパン三世』のプロデューサー、山本又一朗と奇才・園子温監督が鈴木おさむを脚本に迎え、ついに完全実写化。わずか600メートル四方の地に約4000店以上の飲食店・風俗店がひしめきあうアジア最大の歓楽街「新宿歌舞伎町」を舞台に、女性たちに水商売の斡旋するスカウトマンたちの熾烈なだまし合いによる抗争と、頂点へと成り上がろうとする熱き男たちのロマンを描く。人生のどん底を味わいながら、アテもなく歌舞伎町を彷徨う、金髪、天パー、一文無しの白鳥龍彦(綾野剛)が足を踏み入れた裏社会。それは様々な男女の危険な思惑が考査する混濁した世界。「俺がスカウトした女の子は、必ず幸せだって言わせます!」ハンパな覚悟じゃ生き残れない、力VS力の生存競争の中で、龍彦の大いなる冒険がはじまる!

キャスト陣には、主演の綾野剛、そして山田孝之、沢尻エリカ、伊勢谷友介の既発表キャストに加え、ロックバンドRIZEのドラマーにして、様々な映画やドラマに出演する俳優としてもその才能を開花する金子ノブアキ、『クローズ』シリーズのリンダマン役で愛される深水元基、裏社会を暗躍する高級クラブの涼子ママ役で妖艶な魅力を醸し出す山田優、多彩な役柄を演じ分ける力量で出演オファーの絶えない実力派、豊原功補、熟練の舞台俳優でありながらNHK連続テレビ小説「花子とアン」の嘉納伝助役などでドラマや映画の世界でも完全ブレイク中の吉田鋼太郎など、個性豊かで魅力的な俳優陣が集結した。

そして『新宿スワン』の世界を彩る楽曲群には、主題歌にMAN WITH THE MISSIONの書き下ろしによる新曲「Dive」、挿入歌にこちらも書き下ろしによる新曲UVERworldの「Collide」と、人気絶頂の二つのバンドの参加が決定した。

作品紹介

新宿スワン
歌舞伎町スカウトサバイバル ここは新宿歌舞伎町───。
白鳥タツヒコは仕事ナシ金もナシのどーしようもない19歳‥‥だった。ところがある日、スゴ腕風俗スカウトの真虎(マコ)に気に入られ、スカウトデビュー!! 女のコに声を掛け、水商売を紹介し、その紹介料で飯を食う歌舞伎町裏ビジネスの世界に足を踏み入れたのであった。

著者紹介

和久井 健
2004年9月期の月間新人漫画賞にて『新宿ホスト』で佳作を受賞。これが2005 年別冊ヤングマガジンNo.8号に掲載され、デビューを果たす。同年ヤングマガジンNo.17号より『新宿スワン』を連載開始。カブキで生きるスカウトた ちの“現実(リアル)”と“夢(ロマン)”を描いた大人気作となる。『新宿スワン』全38巻完結。

キャラクター紹介

白鳥龍彦
しらとり たつひこ
本作の主人公。通称タツヒコ。
一文無しのところをスカウト会社・バーストのスカウトマン・真虎(マコ)に誘われ、スカウトの世界に飛び込む!!
真虎
まこ
スカウト会社・バーストの幹部。
敏腕スカウトマン。出会ったその日にタツヒコをスカウトの世界に引き込む。

関玄介
せき げんすけ
スカウト会社・バーストの幹部。
バーストきっての武闘派。社員からは恐れられる存在。

山城神
やましろ じん
スカウト会社・バーストの社長。
新宿歌舞伎町を根城に、勢力の拡大を図っている。
南秀吉
みなみひでよし
スカウト会社ハーレム社員。強引な手法でスカウトを行う。タツヒコを目の敵にしている。
アゲハ
あげは
歌舞伎町の風俗嬢。タツヒコと奇跡的な出会いを果たす。だが運命のいたずらに翻弄され……。