利用規約

本規約について

  • 本規約は、株式会社講談社(以下、「弊社」といいます。)が提供するコンテンツ配信サービス「ヤンマガWEB」(以下、「本サービス」といいます。)の利用に関して適用されるものです。ユーザーが本サービスを利用した場合、ユーザーは本規約に同意したものとして取り扱われます。
  • 本規約の内容は、弊社の判断により、事前の予告なく任意に変更できるものとし、変更後の本規約を本サービス内、および「ヤンマガWEB」の公式サイトに掲載した時点から、ユーザーは変更された内容に同意しているものとみなされます。

利用者・ユーザー登録について

  • 本規約において、「利用者」とは、本条のユーザー登録を行ったかどうかを問わず、本サービスを利用する方すべてを指します。また、本条のユーザー登録を行った利用者を「登録ユーザー」といいます。「利用者」および「登録ユーザー」は個人に限り、法人、団体、グループなどは、「利用者」や「登録ユーザー」になることができません。
  • 利用者は、弊社の定める手続に従ってユーザー登録を行うことができます。ユーザー登録は、1人が複数行うことはできません。
  • ユーザー登録にあたっては、正確な情報(以下、ここで入力された情報を「アカウント情報」といいます。)を入力して下さい。故意過失を問わず、誤った情報を入力しないでください。
  • 仮に誤った情報が入力された場合であっても、弊社はユーザー登録の際に入力されたアカウント情報に従って登録ユーザーを取り扱えば足り、誤った情報が入力されたことにより登録ユーザー、利用者又は第三者に生じた損害について、弊社は一切の責任を負いません。
  • 登録ユーザーは、自己のアカウントおよびアカウント情報をいかなる第三者に対しても譲渡及び貸与できません。その他いかなる目的でも、自己のアカウント及びアカウント情報を第三者に使用させることはできません。
  • 自己のアカウントおよびアカウント情報は、登録ユーザー自身が、自己の責任において管理してください。登録されたアカウントまたはアカウント情報によって本サービスが利用された場合、弊社は当該アカウントまたはアカウント情報を登録した登録ユーザー本人が本サービスを利用しているものとして扱います。登録ユーザー以外の者が登録ユーザーのアカウントまたはアカウント情報を使用して登録ユーザー、利用者又は第三者に生じた損害について、弊社は一切の責任を負いません。
  • 登録ユーザーが登録したアカウント情報に含まれる個人情報やクッキーその他の情報の取り扱いについては、「講談社プライバシーポリシー」に従うものとします。

本サービスの利用について

  • 利用者は、弊社が提供するWEBサイト(以下、「本サイト」といいます。)
  • 本サービスは、原則として無償でお楽しみいただくことができます。ただし、本サービス内のコンテンツを利用するために別途有料のサービス(以下、「有料サービス」といいます。)を提供する場合があります。

広告表示について

  • 弊社は、弊社の判断に基づき、本サービス内に弊社又は第三者の広告を表示できます。
  • 本サービス内に広告・宣伝が表示された商品を購入したりやサービスを利用したりする場合、当該広告主と利用者との間の取引は、当該広告主と利用者自身の責任において行われます。弊社は、本サービス内に掲載されている広告に関連して発生した損害及び掲載された事自体に起因する損害に関しては一切の責任を負いません。

知的財産権等の帰属

  • 本サービスを通じて提供されるコンテンツ等の著作権その他一切の知的財産権等は、弊社または本サービスに当該コンテンツ等を提供している者に帰属します。利用者は、当該コンテンツ等の正当な権利者から、事前の文書による承諾を得た場合を除いて、当該コンテンツ等の全部または一部を使用、複製、送信、頒布、貸与、翻訳を含む一切の変更することができません。
  • 本サービスに掲載されているコンテンツ等については、利用者が直接複製行為、送信行為を行わない場合、例えば当該コンテンツの画像ファイル等のURLを貼り付けて埋め込み表示するなどの方法であっても、弊社の事前承諾なしにこれを第三者に閲覧させる目的で利用することはできません。

本サービス内容の変更について

  • 弊社が必要と判断した場合には、利用者の承諾なしに本サービスの全部または一部の内容を変更し、または廃止できるものとします。
  • 弊社は、本サービスの変更または廃止によって生じたいかなる損害についても、一切に責任を負いません。

禁止行為

  • 弊社および第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、他の利用者の権利・利益を侵害する行為、またはこれらの恐れのある行為。
  • 本サービスによりアクセス可能な弊社または第三者の情報を改ざんまたは消去およびそれに類する行為。
  • 有害なコンピュータプログラム等を送信し、または第三者が受信可能な状態におく行為。
  • 第三者の設備または本サービス用設備(弊社が本サービスを提供するために用意する通信設備、電子計算機、その他の機器およびソフトウェアをいい、以下も同様とします)に無権限でアクセスし、またはその利用もしくは運営に支障を与えるもしくはその恐れのある行為。
  • 弊社および弊社のグループ会社の提供する他のサービスの利用料金の滞納。
  • 上記各号の他、法令、本規約もしくは公序良俗に違反する行為、本サービスの運営を妨害する行為、弊社の信用を毀損する行為、弊社の財産を侵害する行為、第三者または弊社に不利益を与える行為、もしくはこれらの恐れのある行為など、弊社が会員として不適切と判断する行為。

利用の停止について

  • 60日以上本サービスの利用がない場合、弊社は当該利用者の承諾なく本サービスの利用を停止する場合があります。
  • 第7条に該当する行為を行った利用者や本規約に違反する行為を行った利用者については、当該利用者の承諾なく本サービスの一部またはすべての利用を停止する場合があります。
  • 前2項の規定により利用停止が行われた場合であっても、本サービスのご利用に関し利用者が負担した費用は弊社にて返金、換金、払戻し、返還をいたしません。

免責事項

  • 弊社は本サービスについて、推奨環境以外の環境での利用に対して、動作保証を行いません。推奨環境での利用であっても、利用者の使用する機器および通信環境等によって、本サービスの不具合や使用する機器に不具合を及ぼす可能性があります。
  • 弊社や管理会社によるメンテナンス作業や停電および通信回線の異常、天変地異など弊社の予測を超えた不可抗力によって、サービス提供の一部または全部に制約が生じる可能性があります。これらの不具合および不具合から利用者または第三者に損害が生じた場合であっても、弊社は一切の責任を負いません。
  • 消費者契約法の適用その他の理由によって、本サービスに関連して、弊社が利用者に対して損害賠償責任を負う場合、弊社の賠償責任の範囲は、利用者に損害が発生した時点から遡って1か月の間に、弊社が当該利用者から受領した本サービスの利用料金の総額を上限とします。

サービスの終了

  • 本サービスは、60日の予告期間をもって利用者に通知又は告知の上、本サービスの提供を終了することができるものとします。

準拠法

  • 弊社の提供するサービスに関する全ての紛争は、準拠法として日本法が適用され、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。