小田原ドラゴン先生による車中泊漫画『今夜は車内でおやすみなさい。』
漫画のあとに車中泊専門誌「カーネル」による入門コラムがついています!

シャーク小笠原に教えたい! 車中泊専門誌『カーネル』による誰でも快適に寝られる車中泊入門 (車中泊地で気をつけること)


車内の準備万端、情報収集もバッチリ!で出かけても、車中泊地での駐車位置が悪かったら、快適性は激減。そうならないために、駐車位置の基本を押さえて 安全、快適、最適な車中泊地を見つけましょう!


安全、快眠のために車中泊地で気をつけること


車中泊デビューの次のステップは車中泊地での注意点です。いくら寝床をフラット化して窓の目隠しをしても、駐車環境が悪かったら台なしに……。事前に情報収集をしていても、 現地に到着しないとわからないことも多々あります。より快適な車中泊を目指すためにも、現地での駐車位置は重要なのです。
1_DSC6542.jpg 550.03 KB
車中泊の駐車位置で避けたいポイントは4点。

①クルマの通行が多過ぎる場所
②傾斜地
③共有スペースに近過ぎる場所
④暗すぎる場所。

もちろん個人の好みもあるので、現地に着いたら自分の目でしっかりと確認し、最適な駐車位置を見つけましょう。



ポイントを押さえておけば、 快適で安心な駐車場所が見つかるはず。というわけで、こちらでは「駐車位置のチェックポイント」を中心に紹介。実は車中泊の駐車位置に、ここが正解という場所はありません。人によって、「トイレが近いから共有スペースのそばがいい」とか、「ひっそりと静かな場所がいい」など、好みはさまざま。ただし、注意を必要とする基本的なポイントはあるので、それを踏まえて自分にとって最適な駐車位置を探してみてください。安全、快適に車中泊できることが、車中泊デビュー成功の秘訣です。


次回は、具体的に車中泊地で避けたいポイントを紹介します!



車中泊専門誌『カーネル』
一般車での車中泊テクニックや快眠ギア、車中泊目線のドライブガイドを中心に紹介する車中泊専門誌。キャンピングカー、バンライフ、DIYテクニックなど、クルマ旅やクルマのあるライフスタイルを、もっと楽しくする情報が満載。年に4回(3、6、9、12月)に発行。『カーネル』が運営するWEBメディアサイト・SOTOBIRA(https://sotobira.com/)でも車中泊情報を更新している。
http://carneru.co.jp/